2017年5月26日金曜日

シュール

男が、マンホールの上で飛び跳ねていた。


「47、47、47、47、47…」 男は満面の笑みを浮かべて、数字を繰り返し呟いている。


それを見た紳士が、 「君はずいぶんと楽しそうだが、ちょっと私にもそれをさせてくれないか?」 それを聞いた男は、嬉しそうに紳士に場所を譲った。


紳士は「47」といってジャンプしたが、その後の声は聞こえなかった。


そして、マンホールの上では、男が 「48、48、48、48…」


 


 


-----


 


そうやって落とされた人数のカウントだったのですね・・・


0 件のコメント:

コメントを投稿